ピーチ航空を利用して北海道へ国内旅行

LCCに遅延はつきものなのでゆとりが必要

ところが、出発の時間が近くなって搭乗口に言ってみると無いやら乗客がざわついているので、少し不安になってグランドホステスの方に効いてみたところ、30分程度ではあるものの飛行機が遅れているとのことでした。
LCCは遅延がつきものだということを予め知っていたので、それほど慌てること無く予定よりも30分長く搭乗を待つことになりましたが、これも一つの経験だということで慌てること無く待つことができました。
幸い、自分自身はこれと言って乗り継ぎの予定がなく、札幌行きの飛行機に乗れば後は観光を楽しむだけの予定になっていたので、慌てる必要がなかったのです。

ブログ更新しました!
4,840円でピーチ航空に乗ってみた(関空→福岡)〔#157〕
関空を拠点にしているピーチ航空がなければ、佐賀へ日帰り旅行に行こうという発想はしなかったでしょう。
https://t.co/I4lzADtMM6 #旅行 #旅行記 #大阪 #観光 #関西空港 #飛行機 #福岡 #空港 #ピーチ #関空 #佐賀 pic.twitter.com/7RTBHRxrga

— MAIGOの旅行記 (@maigo_travel) 2019年3月8日
搭乗者の一部の人は少し慌てていて、グランドホステスの方に話をしたり、電話をかけたりしている人も見受けられましたが、ほとんどの人がそれほど慌てること無く飛行機の遅延を受け入れているように見えました。
飛行機の遅延は乗継便の予定がない限りは慌てても仕方ないので、それほど皆気にしている様子はありませんでした。
自分自身も慌てる予定がなかったので、少しのどが渇いて売店で冷たい飲み物を購入して気分を落ち着かせることにしました。
予定よりも30分以上後れて搭乗手続きが始まり、やっと飛行機にのることができるとホッとしました。

北海道旅行で初めてピーチ航空を利用LCCに遅延はつきものなのでゆとりが必要札幌では時計台やスープカレーを堪能